緑内障

緑内障

緑内障

緑内障は眼圧が高くなることで、視神経が侵され視野が欠けてしまう病気です。
初期段階ではほとんど自覚症状がありませんので、少しでも視野が狭くなったと思った時に実はかなり進行した状態ですので、早めの診察をおすすめします。

なお、緑内障は目の中に栄養を送る房水が排出されにくくなることから眼圧が高くなり発症する病気ですが、糖尿病網膜症の進行やぶどう膜炎という目の中の炎症が原因となる場合もあります。

ほとんどの人たちが緑内障と気づいていないことが多いので気になる人は一度診察を受けることをおすすめします。