診療案内

診療案内

一般眼科

ドライアイ、花粉症、ものもらいなど、一般的な眼科診療を行っております。お気軽にご相談ください。

一般眼科の詳細はこちら

白内障

視界がかすんだり、光がまぶしく感じられたりなどお悩みの方は、診察を受けることをおすすめします。

白内障の詳細はこちら

緑内障

緑内障は眼圧が高くなることで、視神経が侵され視野が欠けてしまう病気です。

緑内障の詳細はこちら

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つです。症状がなくても定期的に眼底検査を受けるようにしてください。

糖尿病網膜症の詳細はこちら

加齢黄斑変性

変視症、視力低下、中心暗点、色覚異常などの症状が考えられます。ご不安な点がありましたら、ご相談ください。

加齢黄斑変性の詳細はこちら

小児眼科

小児の屈折異常(遠視、近視、乱視、不同視)、斜視、弱視などの治療・訓練を行います。丁寧にご説明しお子さまと優しく接してまいります。

小児眼科の詳細はこちら

メガネ・コンタクトレンズ処方

適切なメガネやコンタクトレンズを使用しないと眼精疲労やドライアイ、視力低下につながります。

メガネ・コンタクトレンズ処方の詳細はこちら

眼科検診

健康診断を受けた時に「緑内障の疑い」や「眼底に異常」といわれることがあります。お気軽にご相談ください。

眼科検診の詳細はこちら

世代別にみる目の病気

乳幼児

先天性鼻涙管閉塞、屈折異常、弱視、斜視など

乳幼児の目の病気はこちら

小児〜10代

調節緊張(仮性近視)、コンタクトレンズトラブル

小児〜10代の目の病気はこちら

20〜30代

IT眼症、ドライアイ

20〜30代の目の病気はこちら

40〜50代

老視、緑内障、飛蚊症、中心性漿液性網脈絡膜症

40〜50代の目の病気はこちら

50〜60代

網膜静脈分枝閉塞症、網膜中心静脈閉塞症

50〜60代の目の病気はこちら

60代~

白内障、加齢黄斑変性

60代~の目の病気はこちら