年代から見る眼の病気
「40~50代」

老視

症状

肩こり、目の疲れ、頭痛、吐き気など

老視とは

老眼ともいわれ、40歳前後からはじまる誰もがなる目の老化現象で、水晶体の弾力性が弱まり、調節力(ピント合わせの力)が低下した結果、近いところが見えにくくなる症状を指します。

水晶体は光を屈折させる力が非常に大きい組織です。水晶体の周りの筋肉は水晶体の屈折力を状況に応じて変化させる役割(調節)を果たしており、特に、近くのものを見ようとするときは屈折力が大きくなるよう水晶体の厚みが増加します。私たちの目はこのような調節を自動で行っています。若い人ほど調節力が大きいのですが、この力は加齢(老化)とともに衰えてきます。

遠方のものに焦点が合いやすい遠視では、老視の症状をより早く自覚することが多いようです。近視の人はもともと近くに焦点が合いやすいため老視の症状を自覚しにくいといえますが、普段遠くを見るために使用しているメガネをかけた状態で近くのものがぼやけるなどの症状が出現します。「近視の人は老眼にならない」ということをよく耳にしますがこれは誤りです。

治療

近用眼鏡(老眼鏡)を使用します。老眼鏡にもさまざまな種類があり、目的に応じて選ぶことができます。
また、最近は老視用のコンタクトレンズも販売されており、矯正方法の選択枝が増えました。
参考文献:日本眼科学会ホームページ

緑内障

症状

緑内障は、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。

緑内障は中高年の方に起こる代表的な病気のひとつです。わが国では40歳以上の約20人に1人が緑内障にかかっていることが大規模な疫学調査であきらかにされています。

緑内障とは

緑内障による視神経の障害は、目の硬さである眼圧が、その人の目の視神経が耐えられる眼圧より上昇することによって引き起こされます。眼圧が上昇する原因によって主に原発緑内障、発達緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障や続発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉塞隅角緑内障に分けられます。

眼圧は眼の中の水(房水)の量によって決まります。房水は毛様体という組織で産生され、隅角という部分からフィルターにあたる線維柱帯、出口となるシュレム管を通って眼の外に出ていきます。つまり、眼圧はこの房水が産生される量と出ていく量のバランスによるのです。一方で、最近では患者様の多くが、もともと眼圧が高くないのにもかかわらず緑内障を発症しているということがわかってきました(正常眼圧緑内障といいます)。そのため、元から視神経の眼圧への抵抗力が低く障害が起こる場合もあると考えられています。

緑内障の診断は、眼圧検査や眼底検査、視野検査や光干渉断層計(OCT)などによりおこなわれます。

検査方法

眼圧検査

直接、目の表面に測定器具をあてて測定する方法(接触式)と目の表面に空気をあてて測定する方法(非接触式)があります。緑内障治療経過を確認するための重要な検査です。

眼底検査

視神経の状態をみるために、視神経乳頭部を観察します。視神経が障害されている場合、陥凹(へこみ)の形が正常に比べて変形し、大きくなります。緑内障発見のための必須の検査です。

視野検査

視野の欠損(見えない範囲)の存在の有無や大きさから緑内障の進行の具合を判定します。

西大井駅前眼科では、最新型の光干渉断層計(OCT)であるニデック社製のRS-330 Duoを導入しており、緑内障の極早期での変化の把握やその後のフォローアップに非常に有用です。

また、視野検査には静的視野計として、緑内障ケアにおける世界標準ともいえるカールツァイス社製のHumphrey(ハンフリー)視野計(HFAⅢ-840)を導入しております。

治療

点眼薬

眼圧を下げる効果のある目薬を点眼します。具体的には、房水の産生を抑える効果がある薬や、房水の流出を促す効果がある薬を点眼して、眼圧を低下させます。もともと眼圧が高くない人でも、眼圧を下げることによって、病気の進行を抑えることができます。

外科的療法

点眼薬を使っても、視野の欠損が進行する場合には、外科的治療を行います。レーザーを房水が排出される部分(線維柱帯)に照射し、房水の流出を促進する「レーザー療法」(SLTなど)や、手術で線維柱帯の一部を取り除いて房水の逃げ道をつくる「線維柱帯切除術」などがあります。

現在、緑内障の進行に対して科学的根拠のある唯一の治療法は「眼圧を下げること」であり、これは正常眼圧緑内障についても同様です。

緑内障とは、一度発症したら一生付き合っていかなくてはならない病気です。信頼できるお医者さんにかかり、根気よく治療を続けていくことが大切です。

参考文献:参天製薬ホームページ

中心性漿液性網脈絡膜症

症状

軽度の視力低下、視界の中心が暗く見える(中心暗点)、物が実際よりも小さく見える(小視症)、物が歪んで見える(変視症)など。

中心性漿液性網脈絡膜症とは

光を感じる神経の膜である網膜の中で、最も視力に関係する部分(黄斑部)に水が溜まることによって網膜剥離が発生する病気です。30~50代の働き盛りの男性に多くみられます。
片方の目に発症することが多いのですが、時に、両方の目に発症することもあります。ほとんどは良好な経過をたどり自然に治ることが多い病気ですが、網膜剥離が長い期間続いたり、再発を繰り返したりするような場合には、視力も低下してしまうこともあります。

この病気は、黄斑付近の網膜に栄養分を供給する脈絡膜の血管から血液中の水分がにじみ出て、この水分が黄斑付近に溜まることで起こります。まだ原因は不明ですが、ストレスが関与しているともいわれています。また、副腎皮質ステロイド薬の副作用で起こることもあります。副腎皮質ステロイド薬は飲み薬だけではなく、塗り薬、吸引薬、注射でも起きますので、主治医の先生に確認が必要です。

治療

この病気は自然に治る傾向がありますので、しばらく様子をみることが多いです。
しかし、いったん良くなっても再発することも多いので注意が必要です。しみ出しの部分が黄斑の中心(中心窩)から離れている場合は、レーザー治療が行われることもあります。

レーザー治療には、回復までの期間を早めたり再発を予防したりする効果がありあます。しみ出し部分が中心窩にきわめて近い場合、レーザー治療はできないので内服薬による治療が一般に行われます。また、最近ではベルテポルフィンという薬剤を通常量の半量で用いる光線力学療法(PDT)が有効であることが確認され、レーザー治療不可例や無効例に対しても治療の選択肢が増えました。

参考文献:日本眼科学会ホームページ