白内障

白内障とは

白内障の眼球

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。

人間が年を取り白髪になったりすることと同じで、白内障の主な原因は老化現象です。年をとれば多くの人がかかる病気で、目の中の水晶体と呼ばれるレンズが濁って光が通る量が減ってくることによって、視界が霧がかかったように見えたり、眩しく感じることがあります。

水晶体は、目の中でカメラのレンズのようなはたらきをする組織で、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきを持っています。
通常は透明な組織ですが、白内障になると白く濁ってしまうため、集めた光がうまく眼底に届かなくなり、次のような症状が引き起こされます。

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

白内障の種類と原因

水晶体は主にたんぱく質と水でできています。たんぱく質は、加齢や、長年にわたる紫外線曝露など、さまざまな影響を受けて、だんだんと変化し白く濁ります。

その結果、水晶体全体が濁り、視力の低下を招くことになります。
白内障はさまざまな原因で起こりますが、最も多いのは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と呼んでいます。個人差がありますが、誰でも年をとるにつれ、水晶体は濁ってきます。加齢性白内障は一種の老化現象ですから、高年齢の人ほど多く発症します。

白内障の種類 原因
加齢性白内障 加齢
全身疾患に合併する白内障 アトピー性皮膚炎、糖尿病など
先天性白内障 風疹など
外傷性白内障 目のけがなど
併発白内障 ぶどう膜炎など
その他 放射線、薬剤(ステロイド剤)

参考:参天製薬